護身術の体作り

格闘技を護身術として捉えるのなら、体重130㎏の柔道家と乱取りして、自分も体重110㎏になれば、それ以上臨むことは無いのではと思う。
空手の素地があって、柔道重量級になれば、一般人に殴られても蹴られても怪我はしない。普通の人はなかなか体重100㎏は超えないと思うけど(笑)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。